スムーズに不動産売却するなら税金にも注目|知識をつければ楽に取引

早めの判断が重要

手

競売にかけられたとしても、状況によっては競売を取り下げ、任意売却にするということが福岡でも可能です。その場合には、早めに競売の取り下げをするという事が重要になります。なお、住宅ローンの支払い延滞情報は、信用情報機関に登録されます。

もっと見る

取引の際に大切なこと

模型と電卓

納めなければならない金額

不動産売却によって発生し得る税金には三種類あります。売買契約書を作成するのに必要な印紙税、不動産抵当権抹消に必要な登録免許税、譲渡所得があった際に納める不動産譲渡税です。印紙税は契約を結ぶのに欠かせないものであり、売買金額が大きくなるほど高額の印紙税がかかることになります。一方で登録免許税は不動産が抵当に入っていない場合には発生しない税金です。売買価格にも影響されませんが、取引する不動産の数が多いほど高くなります。また、譲渡所得がない場合には不動産譲渡税も納める必要はありません。売却した際の不動産の状態や売買金額、購入した際の金額などによって納めなければならない税金の総額は大きく異なるのが特徴です。

節税するための工夫

売却を行う際に発生する税金は節約できるものもあります。印紙税は契約書を作成するために必要なものであり、売主と買主がそれぞれ手に入れるのが通常です。しかし、売主は印紙を貼付した契約書を持っていてもあまり意味がありません。買主の持つ契約書のコピーで済ませてしまえば印紙税は節約できます。一方、売却益が出たときに納入する不動産譲渡税については課税対象額をできるだけ減らす努力をするのが効果的です。購入時の諸費用がいくらかわかる資料を残しておくのがまず大切であり、それが売却価格の5%以上になっているかどうかを判断しましょう。もし5%未満なら売却価格の5%として計算し、5%以上あるなら正確な値を売却価格から引き去って課税譲渡所得を計算すると節税できます。

事情に合わせた売却の仲介

集合住宅

個人の事情に合わせてヒアリングを行い、適切な提案をしてくれる不動産会社が人気になっています。相談だけなら基本的には無料であり、比較をして信頼できる不動産会社を選ぶと納得のできる形でマンションを売ることが可能です。

もっと見る

借りた土地でマイホーム

家

借地権付き住宅は土地の購入費用がいらないので安くマイホームを持つことができます。法律で居住者の権利が守られるので地主に追い出されることはなく、安心して長期間暮らせます。相続した場合は、建物が劣化しない内に不動産屋に相談して買い取ってもらうことも可能です。リフォームして貸し出す方法もあります。

もっと見る