借りた土地でマイホーム|スムーズに不動産売却するなら税金にも注目|知識をつければ楽に取引

スムーズに不動産売却するなら税金にも注目|知識をつければ楽に取引

借りた土地でマイホーム

家

相続した時の活用方法

借地権付き住宅は土地の購入費が必要なく、建物の建設費だけでマイホームが持てるので多くの人が利用しています。法律によって居住している人の権利が守られているので、30年とか50年といった長期間住むことができるのでメリットはあります。また親から借地権付き住宅を相続することも可能です。子世代は別に家を持っていて相続された家に住むことがない場合でも色々な活用法があります。家をリフォームして貸し出すことができます。また更地にして家庭菜園にすることもできます。ただし相続しただけで建物を放置すると劣化して老朽化が早くなります。人が住めないと判定されると借地権の効力を失うので、そのような場合は不動産会社に相談すれば、借地権付き住宅を買い取ってくれることもあります。いずれにしても建物を劣化させないことが大事です。

借り地の家でも買取対象

借地権付き住宅には老朽化と朽廃化の2種類があって、老朽化というのは経年劣化はしているが人が居住できる状態です。朽廃化というのは長年の放置によって建物が腐食した状態で人が住めない場合です。従来の裁判では朽廃化した借地権付き住宅は地主の申し出によって借地契約が終了してしまいます。こうならないためには早めに不動産会社に相談して、対応の仕方を考えておくべきです。最近できた空き家対策特別措置法によって特定空き家に指定されると、強制的に撤去される恐れもあります。法律的なことは弁護士に相談したり、地域の自治体の相談窓口を利用して早めに対策を立てることが必要です。不動産会社の中には借地権付き住宅を査定して買い取ってくれる所もあるので、利用しない住宅の場合は処分するのも良い方法です。